当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

美容・健康

日本で大人気のb.glen ビーグレン化粧品 アメリカで1ヶ月使用してみた正直レビュー

2023年11月27日

日本国内のみならず、海外製品も含めると数え切れないほどある化粧品メーカー。


長年愛用のアテニアやアルビオン、Three、ランコムエスティーローダーなど色々使用してきた私ですが、今回、ビーグレンというスキンケアブランドの製品を、じっくり試しレビューするという機会をいただきました!


アトピー持ちの敏感肌、40代後半で色々なエイジングサインありという難し目な肌のため、新しいスキンケアブランドを使うのはちょっと勇気がいったのは事実。


でも、良いことも悪いことも正直にレビューしてほしいとの誠実なお言葉をいただき、じっくり使用してみたところ、私の予想を上回る使い心地でした!


ビーグレン製品が気になっていたけれどなかなか踏み出せない方や、今までのスキンケアを変えてみたい方、エイジングケア製品を積極的に使ってみたい方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

まこ

いつも通り、本音でレビューしていきます!


b.glen ビーグレンの化粧品の特徴と日本人の肌に合う理由

ビーグレンを製造販売する「Beverly Glen Laboratories」がアメリカ・カリフォルニアで誕生したのは2000年。


2003年に日本向けに販売を開始し、2005年にオリジナルブランド「ビーグレン」がスタートしました。


その後、2014年に日本品質を追求するために全ての生産拠点が日本へ!


繊細な肌を持つ日本人女性に向けてさらなる製品開発がなされ、今ではビーグレン全製品が日本製となっています。

まこ

スキンケア製品はやっぱり日本製が安心!



ビーグレンは、アメリカの薬学博士と日本の皮膚科医により生まれたクエスク式レベルアップ法を用いて、個人個人のお肌の悩みにアプローチしていくことができるのが特徴。


クエスク式レベルアップ法とは

  • 繊細な日本人のための処方
  • 千差万別、変わり続ける肌に対応できること
  • 自宅でできる高濃度のセルフケア
  • 目に見える「結果」を実感できること


まずスタートケアの7日間で製品と肌の相性を確認、さらにアクティブケア60日間で肌のコンディションを整え、その後のアグレッシブケア期間は高濃度のドクターズ美容液を取り入れ、肌悩みに対する攻めのケアを開始します。


残念ながらクエスク式レベルアップ法は日本のみでの展開となるので、アメリカ在住の私は通常のスキンケア法となりますが、日本人に向けた高機能なアイテムがたくさん揃っているビーグレンは、まさに色々な悩みを抱える私世代にピッタリのスキンケアかもしれない・・・と期待が高まります。

b.glen ビーグレンのスキンケアアイテム体験レビュー

40代後半の私の切実な悩み、それは頬と目の周りにぽつぽつと増えてきたシミとくすみ・・・


もちろん他にもたるみやシワ、毛穴など悩みはてんこ盛りなのですが、最近特に気になってきたのが、頬の一番高いところから目尻にかけての広範囲のシミだったので、それをお伝えして選んでいただいたアイテムがこちら!

  • Clay Wash 洗顔料
  • QuSome ローション
  • QuSome Moisture Rich Cream
  • QuSome Power Bright
  • C serum


日差しの強いロサンゼルスでは、私だけでなく日常的な日焼けによるシミに悩んでいる方も多そう。


それぞれの実際の使用感と私の肌状態などを、詳しく本音でレビューしていきます。

b.glen Clay Wash クレイウォッシュ

スキンケアの基本の洗顔料は、クレイウォッシュという泡立たないタイプのもの。


天然のクレイ「モンモリロナイト」が肌の汚れや古い角質、余分な皮脂などを引き寄せて落とす吸着洗顔とのことで、モコモコの泡が命!と思っていた私にはかなり意外で慣れない使用感でした。


普段通りにシャワー中に使用し、すすぎ残しがないように時間をかけて洗い流していたところ・・・お肌がなんだか乾燥する・・・


クレイ系の洗顔料は洗浄力が強めと聞いたこともあるし、もしかして私のアトピー敏感肌には合わないのかも?!と悩んでビーグレンさんに相談すると、完全に使い方を間違っていました!


正しくは、洗顔時間は30秒以内にとどめ、すすぐ際はぬるま湯で、すすぎ過ぎずに少しヌルつきが残る程度で、とのことでした。


おすすめ通りの方法で洗顔をしてみたところ、目元や口元のツッパリ感が無くなり、翌朝のお肌の柔らかさが違う!


心配していた洗浄力も十分で、泡立たせてすすぎを何十回もしていた従来の洗顔法よりも手間がかからず、かなりの時短になるのも嬉しいポイントです。


まこ

かなり気に入りました!


b.glen QuSome ローション

ビーグレンの独自の浸透技術である2種類の「QuSome」の力で、美容成分が肌に留まり17時間保湿効果が持続するというQuSome ローション。


匂いもなくサラリとした化粧水で、少量なのにグングンお肌に吸収されていく感じが凄い!


乾燥が気になる場所に重ね付けしてもベタベタせず、次に使うアイテムの邪魔にならない感じで使い心地はとっても良いです。


が、私の場合目の周り、特に目のキワまで塗り込むとちょっと目に滲みる感じが・・・。


早速ビーグレンの担当の方に連絡してみると、私のような超敏感肌の場合、豊富に配合されている美容成分が肌に合わない可能性もあるとのことで、マイルドな敏感肌向けの「クレイローション」をお勧めしていただきました。

b.glen クレイローション

クレイローションには、肌荒れを防ぐ有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムと、天然クレイが配合されていて、私のような弱めの肌に寄り添ってくれる優しい処方となっています。


QuSomeローションよりもとろみがあり、少しの量で保湿効果はバッチリ。


こちらもベタベタしたりせず、お肌が優しく潤いで包まれている感が心地良い!


今の時期ロサンゼルスはとても乾燥していてお肌がより過敏になっていた可能性もあるので、しばらくクレイローションを使い続け、肌の調子をみてQuSomeローションに切り替えてみてもいいかなと思っています。

まこ

日々変化するお肌の状態で使い分け


b.glen QuSome モイスチャーリッチクリーム

お試し中のビーグレンのアイテムの中でもかなりお気に入りなのが、QuSome モイスチャーリッチクリームです。


こちらもQuSomeのテクノロジーを応用した複合成分が、乾燥やくすみ、ハリ不足など肌老化が進行する前にアプローチしてくれるとのことで、これ以上のエイジングを避けたい私にはぴったり。


サプリや美容点滴で話題の「グルタチオン」という美容成分が配合されているので、かなり効果が期待できそうです。


実際の使用感は、どれだけ塗ってもベタつかず、とても軽い塗り心地なのにしっとりしてツヤ感が生まれる感じ。


そして、ワンプッシュで適量を出すことができ、ロック機能やキャップも付いていて、とても使いやすい容器が秀逸!


使用感にはとても満足しているので、アンチエイジングの期待を込めて使い続けたいアイテムです。

b.glen QuSome パワーブライト

年齢による頬・目の周りのシミが気になる私が一番使ってみたかったのが、QuSomeパワーブライトというブライトニング美容液。


「肌の曇りを作らせず、透明感を引き出す」ために、QuSomeの浸透技術を使ってハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体が惜しみなく配合されているとのこと。


ワンプッシュで顔全体に朝晩使用とのことですが、私は特に気になるシミのあるエリアを重点的に塗っています。


気になる効果はというと、1ヶ月間ほぼ毎日丁寧に塗り込んでいた一番濃かったシミが、少し薄くなった気がします!


この製品はシミに働きかけるのはもちろん、顔全体のトーンアップや色むらを抑える効果があるとのことなので、シミが薄くなり黄ぐすみにも効くかもと期待大。


毎日のケアに追加することで、日焼けやエイジングによるダメージを抑えることができそうなので、私のような年代には必須の美容液かも!

まこ

透明感のあるお肌が理想


b.glen C セラム

肌のハリや毛穴に有効なビタミンCを高濃度で配合した、ビタミンC美容液のCセラム。


お肌に乗せるとほんのり温かく感じるのですが、それが美容成分が浸透を始めたサインとのこと!


私の肌でも刺激は全く感じず、翌朝鼻や頬の毛穴がふっくらしてくる感じが嬉しいです。


さらっさらのオイルのような美容液なので、初めは手からこぼれてしまったり、必要量以上出過ぎてしまったりする時もあるのが残念。


QuSomeモイスチャーリッチクリームのようなプッシュ式の容器だともっと使いやすい気がします。


使い続けるとキメが整い化粧ノリやもちもアップしそうなので、これからも使い続けたいアイテムです!

まこ

毎日使うので、もう少し大きめサイズがあったら嬉しい


実際に1ヶ月ビーグレンを使ってみた感想

ビーグレンのスキンケアセットを使用し始めて、早くも1ヶ月が経過しました。


使用開始から2週間くらいで、実際にQuSomeテクノロジーの高機能スキンケアによる効果と使い心地の良さを感じることができました。


特に気に入ったのが、クレイウォッシュとQuSomeモイスチャーリッチクリーム、QuSomeパワーブライトの3点。


確かに以前と肌の違いを感じるし、これからのさらなる変化が楽しみに思えます。


私のような年代では従来の守りのお手入れだけではケアが不十分だったりするので、エイジングのスピードに対抗するために、どんどん進化する新しいスキンケアを取り入れる重要性を実感しました。


私が初めクレイウォッシュに戸惑ったように、使い慣れていないから避けるのではなく、まずは正しく使用してみる、その上で自分の肌に必要なものを取捨選択していくことが大事だなと思います。


この記事を読んでビーグレンを使ってみようかなと思った方には、お肌のお悩み別に試せる5種類のスターターキットがオススメ。


自分の肌に合うかどうか気軽に試せるセットがあることと、365日間返品・返金保証があるのはすごく嬉しいですよね。


興味のあるアメリカ在住の方は、こちらのリンクからぜひチェックしてみてください。

ビーグレンアメリカ 公式サイト

まこ

初回から使える$10オフのポイントもらえます!


人気記事

1

私は昔からコーヒーよりも紅茶派で、今でも毎朝一杯必ず飲むのが日課。 日本に住んでいた時はマリアージュフレール、シンガポールにではTWGが好きでしたが、実はアメリカにも美味しい紅茶ブランドが沢山あること ...

2

早いものでまた夏休みが近づいてきました! 今年も家族で一時帰国する予定にしているのですが、毎回悩むのはお土産。 昨年帰国した際は、こちらの記事で紹介したBurt's BeesのリップクリームやTom' ...

3

アメリカで悩むのが洋服や靴のショッピング。 欧米人とは体型やデザインの好みの違いもあり、なかなかフィットするブランドが見つからず、私も渡米初期はかなり迷走していました。 数年を経てようやくお気に入りが ...

4

健康にいいらしい!と聞くとすぐチェックせずにはいられない性格の私。 実践するかどうかは別として、とりあえずネットでアレコレ調べて数時間費やすことも。 でも情報を集めることが大好きだけど、実践・継続には ...

5

痛痒くて不快だし、見た目的にも目立つし、発症したら2週間は辛い口唇ヘルペス。 まこ20代の頃から口唇ヘルペスに悩まされるように・・・ そういえば家族の中で一人だけ苦しんでるね夫・ピン 日本でもアメリカ ...

6

いくつになっても、女性の最大の関心事のひとつといえば化粧品やメイク。 アメリカにはM.A.Cやクリニーク、NARSなど有名化粧品ブランドがとても沢山あり、日本に比べて比較的安く手に入るのが良いところ。 ...

-美容・健康