ロサンゼルス生活

2021年1月1日現在 ロサンゼルスカウンティ コロナ現状まとめ

2021年1月2日

https://makoffee.com

新年明けましておめでとうございます。

 

2021年は、世界的に流行中のコロナが早期収束することを切に願っております。

 

ロサンゼルスエリアは、前回コロナ状況をお伝えした1ヶ月前よりかなり状況が悪化してしまいました。

 

2021年1月1日現在のロサンゼルスカウンティの感染者数や学校・スーパーなどの現状をまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

ロサンゼルスカウンティのコロナ現況

ロサンゼルスカウンティPublic HealthとLos Angeles Timesのコロナ状況データから数値をまとめました。

 

2021年1月1日現在の数値

総感染者数 790,582人
新規感染者数 (1月1日) 19,063人
総死亡者数 10,552人
新規死亡者数 (1月1日) 193人
入院患者数 7,627人
テスト陽性率(1月1日) 17%

 

先月お伝えした12月1日現在の総感染者数は408,396人、新規感染者数は7,593人だったので、この1ヶ月で恐ろしいスピードで感染拡大していることがわかります。

 

2020年12月1日現在 ロサンゼルスカウンティ コロナ現状まとめ 

ロサンゼルスのコロナ状況がかなり悪化しています。   私は毎朝LA Timesという現地の新聞やネットニュースから情報を得ていますが、ここ最近の感染者数は見ていて恐ろしいものがあります。 & ...

続きを見る

 

新規死亡者数も1日で200人超えの日もあり、日本では信じられない数の方が亡くなっています・・・。

 

1日あたりの新規感染者数の推移

 

総感染者数の推移

夫・ピン
この1ヶ月で総感染者数はなんとほぼ2倍に!

 

この感染者数の増加に伴い、ロサンゼルスカウンティ内のICU空きベッドは0%と発表されています。(10月は1,000近くの空きベッドあり)

 

悪化スピードが早すぎて恐ろしい・・・
まこ

 

現在カリフォルニア州ではStay at Home Orderが発令されていて、夜10時から朝5時までの不要不急の外出が制限されています。

 

レストラン・スーパーなどのオープン状況

引き続き、ロサンゼルスカウンティ内のレストラン・カフェはテイアクアウトのみで営業中。

 

美容院・ネイルサロンなどは、営業停止中です。

 

モールやコンビニエンスストアは、店内の収容人数を通常時の20%までに制限、スーパーマーケットは35%までに制限して営業中です。

 

まこ
入店制限のため、入り口で並んで待つ必要があります
午前中や閉店間際など人出の少ない時間を狙って買い物に行ってます
夫・ピン

 

ビーチや公園、ハイキングトレイルやゴルフ場などは通常通りなので、週末などはかなり混雑しています。

 

LAUSD ロサンゼルス統一学区の学校状況

息子の通う公立高校、娘の通う私立中学はどちらも3月からずっと完全オンライン授業中。

 

今は冬休み中ですが、休み明けもオンライン授業が決定しています。

 

特に高校最終学年の息子は、大学受験準備やら色々あってとっても忙しい年末でした。

 

このままの状態が続けば、6月の高校卒業式もなくなってしまうのかも・・・そうなればすごく残念ですが、とりあえず収束を祈るのみです。

 

カリフォルニア州からの飛行機で日本へ帰国する場合

在ロサンゼルス日本国総領事館からの発表によると、2021年1月4日午前0時以降(日本時間)から1月末までの間、カリフォルニア州内から帰国する日本人も出発前72時間以内の新型コロナウイルス検査証明が必要となりました。

 

検査証明を提出できない場合、検疫所が指定する宿泊施設に14日間待機することが要請されるとのことです。

 

この時期あえて帰国する方は少ないと思いますが、帰国の際は検査をお忘れなく!

 

LAXではターミナル2、ターミナル6と、Tom Bradley Internationalターミナルで、コロナ検査場が新たにオープン

 

検査費用は$125、ターミナル6では、3〜5時間で結果をオンラインで受け取れるそうです。(ターミナル2、国際ターミナルは24時間以内の検査結果受け取り)

 

予約が推奨されているので詳しくは、LAX Rapid COVID Testingを参照ください。

 

まとめ

ここまで感染が拡大していると、通常の買い物などもさらに気を付けて行くようになりました。

 

カリフォルニアでは、医療従事者や老人ホームの入居者優先でワクチン摂取もスタートしているので、とにかくもうしばらく頑張るしかありません。

 

皆さんも気を付けてお過ごしください!

 

-ロサンゼルス生活